社会保険労務士(社労士)になる


社会保険労務士(社労士)は労働問題や年金問題、社会保険のエキスパートです。 社会保険労務士は、人事・労務管理、年金の専門家として、年金・医療・雇用保険といったさまざまな分野で活躍できる国家資格です。 社会保険労務士(社労士)は企業やそこで働く人々の雇用、労働条件、労働保険、社会保険についての指導や相談を行います。 社会保険労務士の仕事は主に3つあります。 社会保険労務士(社労士)は手続代行業務 雇用保険・健康保険・厚生年金保険といった各種社会保険に関する書類作成、手続代行などを行います。 社会保険労務士(社労士)は書類作成業務 賃金台帳・就業規則の作成、などを行います。 社会保険労務士(社労士)はコンサルタント業務 人事制度・退職金制度や年金についての相談、社員教育、労務管理に関するコンサルタント業務などを行います。 手続代行/書類作成業務は独占業務なので、社会保険労務士(社労士)はの有資格者しか行えない業務です。 社会保険労務士(社労士)は、企業の人事・総務部で活躍する勤務社労士と、独立・開業をして活躍する開業社労士の2つのタイプがいます。 昨今、少子高齢化が深刻化したり、年金・医療制度が不安視されるなど社会保険制度に関して注目が集まっています。 そんな中で、社会保険制度に関する正しい情報を提供でき、アドバイスができる人材として、社会保険労務士(社労士)のニーズが高まっています。 社会保険労務士(社労士)は保険料算定事務や書類作成など、正確さと緻密さが要求されるため、女性のキメ細やかさを思う存分活かせる仕事といえます。 社会保険労務士(社労士)は学んだ知識は普段の生活で役立ちます。 社会保険労務士(社労士)は資格の学習で得た「年金」や「健康保険」といった知識はご自身のライフプランに活かせます。 社会保険労務士(社労士)の「就業」や「退職」、「失業」などの知識は社会人生活を送る上で大変役立ちます。



社会保険労務士(社労士)になる


社会保険労務士(社労士)になる


社会保険労務士(社労士)になる。

社会保険労務士(社労士)になろう。

社会保険労務士(社労士)になる




inserted by FC2 system