宅地建物取引主任者になる


宅地建物取引主任者(宅建主任者)は、不動産の売買や賃貸の仲介などに不可欠な資格です。 宅地建物取引主任者は不動産が資産として重要視される日本において、常にニーズが高く、数ある国家資格の中でも抜群の知名度と活用度を誇っています。 その理由は、宅建資格取得者なしには、不動産業者が宅建業を営むことができないからです。宅地建物取引主任者仕事で活かすことができ、就・転職の武器にもなる、人気の高い国家資格です。 一般の人にとって、家を買うことは一生で一番大きな買い物と言っても過言ではありません。 家を買う際は多額のお金が動きますから、慎重に不動産取引を進める必要がありますが、不動産取引をおこなうための知識や経験はあまりないいう方が多いのが現実。 そんな方のために、法律の知識をもとに的確なアドバイスや提案をするのが宅建主任者です。 宅地建物取引主任者は不動産という、大きな資産を動かす際の手助けをする、やりがいのある仕事です。 取引を公正に成立させるために、取引前に買主・借主に物件の説明をするといった、宅建主任者にしかできない仕事が法律で決められています。 宅建主任者なしには、不動産業は成り立たないのです。 不動産を取得しようとする人(買主)、借りようとする人(借主)などへ、契約前に所有者は誰か、不動産はどのくらいの広さなのか、登記のこと、手付金やキャンセルした際の取り決め等、物件や取引条件に関する様々な情報を前もって説明します。 宅地建物取引主任者はお客様に、十分に内容を理解しご納得いただけるまで、しっかりと詳しくお伝えします。 重要事項の説明の内容はきわめて広範囲にわたるため、口頭の説明のみで理解することは簡単ではありません。 そこで、説明内容を記載した書面(重要事項説明書)を作成・交付します。 この書面には、宅建主任者が「記載の内容に責任を持つ」という意味で、名前を書いて押印する必要があります。 37条書面とは、実際に行った取引についての、契約に関わる重要な部分が書かれた書面。宅地建物取引主任者は取引が成立した後すぐに作成し、お客様にお渡しするよう宅建業法で定められています。 契約に関するトラブルを防ぐためにも、重要な書面です。 宅地建物取引主任者は記載の内容に間違いがないかを確認し、宅建主任者が名前を書き、押印します。



宅地建物取引主任者になる


宅地建物取引主任者になる


宅地建物取引主任者になる。

宅地建物取引主任者になるになろう。

宅地建物取引主任者になる




inserted by FC2 system