行政書士になる


行政書士は、弁護士、司法書士などのように、法律を扱う国家資格です。 行政書士は、業務独占資格とよばれ、医師などと同じで資格を持っていないとできない業務を特に行うことが許されます。 行政書士になると、コスモスの花弁の中に「行」の字をデザインしたバッジを取得できます。 行政書士のバッジは、調和と真心を表しており、誠意を持って国民と行政をつなぐ法律の専門家であることを意味しています。 行政書士は、法律を知らずに損をしている方を、法律の知識で助けることができます。 行政書士の扱える書類は数千種類以上あり、幅広く活躍できます。 行政書士は、主に下記の4つの業務があります。 書類作成業務、 書類提出手続き代理業務、 契約書等代理作成業務、 相談業務、 国家資格でもある行政書士は、独立・開業ができます。 行政書士は、会社に勤めることなく手に職を持ち、自分のペースで生活することができます。 行政書士は、上司にも会社にも縛られず、自分の思うように仕事をすることができます。行政書士の資格を持っていれば、法律の知識を持っていることの証明にもなるため、就・転職の際にもアピールできます。 また、行政書士は、難関資格の取得にむけて努力したこと自体も評価される可能性があります。



行政書士になる


行政書士になる


行政書士になる。

行政書士になろう。

行政書士になる




inserted by FC2 system