書評を評する


今回は書評について書いてみたいと思います。

書評と言ってもアマゾンなどで☆マークと共に書かれている、あの書評のことです。

人により評価が違うのは当たり前ですが、かなりばらつきがります。

ビジネス書でも「役に立つ」「役に立たない」両方とも存在していて、

だいたい酷評の方が書評が役に立った人が多い。

ウンザリした。などという書評がある一方、役に立ったという意見も共存している。

ヤラセもかなり混じっていそうだが、全体的に言えることがある。

辛口の書評の人は、読むだけ読んで何もしない人。

こんなの意味がない、と言うだけで内も行動を起こさない人。

今までそうだったので、結果も出ない。「ほらごらん」と言うタイプ。

毎月10万円稼ぐ…、ビックリするほど集客できる…というたぐいの本で、

題名に書いてあることは嘘だ、と酷評だけしている人です。

たかが、1500円程度の本で、そんな情報が得られるとは思えませんが。

たしかに、題名に書いてあることは誇大広告です。無理。

でも、本なので、売れる題名にする必要があり、そうなっているだけ。

やっぱり嘘だ、金返せ、というわけ。

本の評価が高い人は、実践した人、しようとした人。

少しでも得るものがあると思って本を買っている人です。

私も、どんな本でもひとつやふたつは役に立つものがある、と思って買っています。

多くを求めてはいけません。

結局、行動を起こさないと意味はありませんし。

同じ本から何を得るかは、本自体ではなく、読む人の側にあるのです。


 ⇒ 無料登録でお金ゲット
 ⇒ 在宅ワークで稼ぐ
 ⇒ 女性限定 在宅ワーク
 ⇒ お勧めのマニュアル
 ⇒ 無料で投資情報




書評を評する お金を稼ぐ成功法則


書評を評する お金を稼ぐ成功法則


書評を評する お金を稼ぐ成功法則

以下のコンテンツもご覧ください

お金を稼ぐ お金を稼ぐ成功法則

書評を評する



inserted by FC2 system