どうやって?脳の検索

どうやって?脳の検索

賢い脳の使い方

「なんで俺ってモテないんだろう?」 「どうして私は根暗なの?」 「収入が低いのはなぜだろう?」

あなたは、いつもこんなことを考えていませんか。こんなことを自問自答しても、脳はいい答えを返してはくれません。

私達の脳は、自分の発する質問に答えるべく、様々な答えを検索してくれます。 寝ている間も、食事中も、お風呂に入っているときも検索し続けているのです。

でも、答えの出ないものを検索しても、とんちんかんな答えしか出てこないし、答えが出ずに検索し続け、 脳が疲れ果ててしまうことになります。

「なんで俺ってモテないんだろう?」

などと脳に聞いたところで、モテない理由が大量に返って来て、さらに落ち込むだけです。 脳への聞き方が違うだけで、結果も違ってしまうのです。

いつも間違った検索をかけ、脳が疲れてしまっています。 疲れ切った状態の脳が、良いアイディアを出すはずがありません。

では、どうすればいいのでしょう?

「彼女が欲しい」ではなく、「素敵な女性と知り合うにはどうすればいい?」と脳に聞いてみましょう。 きっと答えが返ってきます。

質問は細かく、小さく、段階的に行うのがコツです。声に出して何度か聞いてみると効果が高まります。

リラックスしているときが、一番アイディが出やすいようです。海外など、環境が変わるのも効果的です。

車の運転中などもいい時間です。歩いているときなど、身体を無意識に動かしているときにアイディアが浮かびやすいようです。

▲ページトップに戻る

inserted by FC2 system